50代から健康的にキレイになる、おススメの方法とは!?
50代から健康的にキレイになる、おススメの方法とは!? > お肌のケア > 目の下のたるみ解消には即効性のあるヒアロディープパッチ

目の下のたるみ解消には即効性のあるヒアロディープパッチ

 

 

テニスが趣味で今でも週に1日はコートで汗を流している私の友人の一人ですが、声もスタイルも変わってないのに、顔は日焼けによるダメージなのか、目じりのシワが目立ってきました。彼女はさほど気にする様子もないのですが、やっぱり同い年の友達が自分以上に老けて見えるのは悲しいものです。

 

友達ってある意味、自分を映す鏡だったりするじゃないですか。だから自分と同じくらいか、ちょっと若々しくいてくれた方がこちらも「負けないように若々しくいよう!」と思うんですよね。

 

だから50歳過ぎてからのスキンケアって大事ですよね~。そんなにお金や時間をかけなくても目じりのシワを改善する方法があるんだけどな。まずは日焼けを防ぐことなんですが、アウトドアスポーツが趣味の彼女にとっては、これは中々難しい。せいぜい帽子やサンバイザー、日焼け止めを塗って日焼けを最小限に抑えることが大切です。

 

それ以外には目の下のエクササイズ。これも毎日続けるのは結構手間がかかるし、忙しかったり疲れてたりすると中々実行できそうにありません。

 

そんな時の救世主が今、大人気の「ヒアロディープパッチ」というものです。

 

北の大地コーポレーションから今、巷で話題の「ディープパッチ」という「刺す化粧品」が出ました!
ヒアルロンサンを直接お肌に刺してしまおう!というものでメディアに紹介されてから売れに売れている商品なんです。

 



 

あまりの人気に現在、品薄が続いておりお届けまでに1ヶ月を要するものの、早く注文すればそれだけ早く手に入れられます。

 

これは気になる目もとやほうれい線の上からパッチを貼るだけのスキンケアです。

 

薄いパッチには750本ものニードル(針)が付いており、それを直接お肌に刺すのですが針は注射針のような金属ではありません。

 

何と「ヒアルロン酸」で出来た針をお肌に刺して徐々に浸透させてしまおうという商品です。

 

シワやたるみに効果があるとされているヒアルロン酸ですが、直接肌に注入させないと効き目が無いといわれています。
美容クリニックで一回数万円~十数万円で肌に注射してもらう方法が有名ですが、このヒアロディープパッチなら、お肌に貼るだけでヒアルロン酸が浸透していきます。

 

実際に貼ってみると少しチクチクする感じがありますが、時間が経つにつれ徐々にその刺激が消えていきます。

寝る前に貼って、朝起きて剥がすだけのお手軽さ。
1週間に1度、計4回の8枚入りが今なら¥3980でお試しいただけます。

 



 

国内売上No.1のヒアルディープパッチは楽天やアマゾンより「北の大地コーポレーション」の公式サイトから購入するのが一番お安くなってます♪

涙袋が膨らんできて、シワやたるみが目立つようになったら何はともあれ「ヒアロディープパッチ」を試して、寝ている間に目もとのケアをしてみましょう!

 

 

 

目の下のたるみの原因

 

目元の筋肉の衰え

 

目の周りには「眼輪筋(がんりんきん)」という、目の下のたるみに大きくかかわっている筋肉があります。
眼輪筋というのは表情筋のひとつで、眼球の周りを支える筋肉で、瞼を閉じさせる働きをしています。

 

この眼輪筋が加齢による筋力の衰えや、この筋肉を使わないでいることにより徐々に働きが弱くなり、眼球を取り囲むように支えている脂肪を抑える働きが弱くなると、目の下にあった脂肪が前面に押し出されて涙袋のように目立ってきてしまうのです。

 

肌のハリや弾力に関係する組織の減少

お肌のハリは肌内部の「真皮」という層の中に蓄えられたコラーゲンとエラスチンによって保たれています。

 

これらの組織は加齢による老化や乾燥・紫外線によるダメージで減少していきます。

 

コラーゲン

体内のタンパク質の30%を占めるコラーゲンですが、20代を境にどんどん減少していきます。
コラーゲンの減少によって肌のハリやみずみずしさも失われていきます。

 

エラスチン

エラスチンは弾力性のあるたんぱく質で、弾力線維とも呼ばれます。
肌を指で押してもゴムのように元に戻るのはこのエラスチンの肌の伸縮を元に戻す働きのお蔭です

 

目の下のたるみを解消する3つの方法

お肌のたるみを解消するには、目もとの筋肉を鍛える、不足している成分を補給する、外科的手術を行うなど主に3つの方法があります。

 

目もとのエクササイズでセルフケア

毎日、数分間 自分で目もとの筋肉の衰えを遅らせるエクササイズをご紹介します。

 

8の字エクササイズ

顔を正面に向けます。
そのまま顔を動かさず、目だけ横にした8の字「∞」を書くようにゆっくりと動かします。

 

右斜め上から真横→右斜め下→真下→左斜め下→左横→左斜め上→真上とうように5回、顔を動かさずに回します。

 

右方向が終わったら、今度は左斜め上から反対方向に5回、回します。

 

下まぶたのエクササイズ

指で右眉毛の下(眉尻の下あたり)を軽く抑えます。
上まぶたが動かないようにして、下まぶたに力を入れて上に持ち上げ5秒キープ。

 

下まぶたをゆっくり下げていきます。
左右それぞれ5回ずつ行います。

 

見開きエクササイズ

左右どちらの手でもいいので、額が動かないようにおでこに手の平を当てて軽く抑えます。
目の周りの筋肉だけを使うイメージで、目をぎゅっとつぶり5秒キープします。

 

今度は思い切り目を見開き、5秒キープします。
つぶる→見開くの動作を5回繰り返します。

 

以上、3つのエクササイズを一日5回を目安に行います。

 

エクササイズの注意点

目もとのエクササイズを行うにあたって、「正しい姿勢」をキープすることも大切です。
姿勢が悪いまま行っても、効果が出にくくなりますので、必ず次のような姿勢を保ちます。
・両肩を後ろに引き、肩甲骨を下に下げる
・おへそを背中にくっつけるイメージで引っ込める
・そのままお尻の穴をキュッと締める

 

そしてエクササイズが終わったら、唇を震わせながら細く息を吐き出して筋肉の緊張を緩めます。

 

地味なエクササイズですが、正しい方法で続けることによって徐々に効果がアップしてきます。

 

ヒアロディープパッチを貼る方法

 

 

目もとのエクササイズなんて面倒くさいし、続かない。
もっと手っ取り早く確実に目の下のしわやたるみを消したい!という貴女に朗報です。

同ジャンル・関連ページ