50代から【綺麗】になる方法!
50代から【綺麗】になる方法! > 髪の毛のケア > 髪のお悩み「痛んだ髪からの脱出」

髪のお悩み「痛んだ髪からの脱出」

 

何歳になっても輝くようなツヤツヤの髪でいたい!と思いますよね。
しかし年齢を重ねるごとに、あるいはパーマやカラーで髪の毛は傷んでパサパサになっていきます。

 

こちらでは髪の毛が痛む原因とその対策について考えてみたいと思います。
ではまず、髪の毛が傷んだ状態についてお伝えしますね!

 

髪がパサパサの状態ってどういうこと?

 

髪の構造

お聞きになったことがあると思いますが、髪の毛は表皮から「キューティクル」「コルテックス」「メデュラ」の3層から成り立っています。

 

 

キューティクル

髪の毛の表面を覆っているうろこ状の組織。
外部の刺激から毛髪内部を保護し、コルテックスのタンパク質や水分が牛合われないように働きます。

 

キューティクルの一番の働きは何といっても髪の毛のツヤを与えていること。
このキューティクルのうろこ状の組織は堅い反面、もろくて摩擦に弱いので力任せのブラッシングや乱暴なシャンプー、日焼け、ヘアアイロンなどで傷つきはがれやすくなります。

 

コルテックス

 

コルテックスはキューティクルの内側にあり、髪の毛の80~90%の割合を占めています。
ケラチンタンパク質の集合体で弾力性に富み、メラニン色素も含んでいます。

 

コルテックスの状態によって髪の太さ、硬さ、強さが決まりますが薬品の影響を受けやすく、はがれたキューティクルの隙間からパーマ剤・カラー剤が入り込むことでタンパク質が溶け出し、ツヤがなくなったり、水分調整機能が低下して髪がパサパサになったりします。

 

メデュラ

メデュラは毛髪の芯に当たる部分です。
多少のメラニン色素を含み、立方体系の空気を含んだ細胞が「蜂の巣」状に並んでいます。

 

この立方体系の内部には空気を通す穴が開いていて、そこに空気を溜めることで頭部を直射日光から保護する働きがあります。

 

一般的に太い髪の毛ほどメデュラが多く、産毛(うぶげ)、赤ちゃんの毛髪にメデュラはありません。

 

髪が傷む20の原因

 

ドライヤー

洗髪後のドライヤーは必要ですが、1か所だけ集中的に熱風を当てるなど間違ったかけ方をすると髪の毛を痛めてしまいます。

 

【対策】
正しいドライヤーのかけ方をして、ダメージが少なくなるようにするしかありません。

 

正しいドライヤーのかけ方はこちらから。

 

コテ・ヘアアイロンの熱

 

髪は熱に弱いので、高熱によりタンパク質が変性し、髪の性質が変わり、さらに濡れた状態で使うと、毛髪内で水蒸気爆発が起きて水分が失われてしまいます。

 

髪の性質が変わってしまうとカラー、パーマ、スタイリングがうまくできなくなります。
こうなってしまうと再生するのは不可能で、髪が生えるまで待つしかありません。

 

【対策】
濡れたまま使わない。
コテ用の耐熱スプレーを付ける。
設定温度は150°前後で、高くても180°を限界と考える。

 

パーマやカラーリング

 

パーマ液やカラーリング剤の成分はほぼアルカリ性です。
髪の毛の成分は酸性ですから、アルカリ性の薬品を塗布することで、キューティクルが開き髪の中に液剤が浸透していきます。

 

パーマをかける時に、きちんとトリートメントなどでダメージケアをしているので急に痛むということは無いのですが、短期間に何度もパーマやカラーリングを繰り返すと、アルカリ性薬剤が蓄積し、髪が傷んでくるのです。

 

【対策】
パーマやカラーリングの後は残留アルカリを除去したり疑似キューティクルなどのサロントリートメントを行う。
パーマやカラーリング専用のシャンプー&トリートメントを使う。

 

専用のシャンプー&トリートメントを使うことで、2倍以上のダメージケアの効果を発揮します。

 

海水・潮風

 

これから暑くなると海水浴に出かける人も多いでしょう。
海水は弱アルアリ性なので、髪が浸かるとキューティクルを剥がしてしまいます。
その後、強い紫外線を浴びることで髪の内部組織を破壊します。

 

【対策】
出来れば髪を海水に濡らさないようにするのが一番ですが、それも難しいでしょう。
であれば、髪の紫外線用オイルやミルクを頻繁につけ、パーマやカラーリング用のシャンプー&トリートメントでヘアケアを行います。

 

紫外線

 

紫外線により、乾燥、強度の低下、表面破壊、メラニン色素の分解や光沢の消失などの影響をうけます。
専門的にいうと紫外線が毛髪に当たると紫外線が吸収されて、毛髪を構成しているアミノ酸(シスチン、チロシン、トリプトファン、フェニルアラニンなど)が酸化され、別の物質に変化してしまいます。

 

このことで毛髪を構成しているケラチンタンパクがダメージを受け、さらには毛髪のS-S結合が切れてシステイン酸が生成されることでダメージに繋がるというものです。

 

 

【対策】
紫外線用のヘアケア製品やトリートメントを行い、帽子を被る、日傘をさすなどして紫外線が直接髪に届かないよう防止する。

 

埃(ほこり)・汚れ

 

埃が付いてもそれが原因で直接髪が傷むわけではありませんが、それによって髪が絡まる原因になります。

 

【対策】
適度なブラッシングは必要です。
その時、静電気が起きないように静電気防止のシャンプー、トリートメント、オイルなどを使用します。
また、シャンプーの前にブラッシングしておくと髪の絡まりによる摩擦を抑えて、髪が傷みにくくなります。

 

プール

 

最近は季節を問わずスポーツクラブなど、室内プールで泳ぐ人も多いですよね。
ご存知の通り、プールには消毒用の塩素が含まれており、これがキューティクルを剥がす原因になります。

 

また、塩素には漂白効果もあるため、髪の内部に浸透して脱色の原因になったりもします。

 

【対策】
泳ぐ前、シャワーで十分に髪に水分を含ませ、塩素水が入り込む隙間を作らないようにします。
またキャップを2重にしたり、許可されているのであれば塩素が入り込まないようヘアオイルをつけます。
(ほとんどの室内プールではオイル禁止なので、係員に確認してからにしましょう)

 

泳いだ後はシャワーでしっかり塩素を洗い落とします。

 

温泉

 

身体によい温泉ですが、実は多くの温泉の湯はアルカリ性です。
髪は弱酸性のため、髪が温泉に浸かるとキューティクルが開いて、内部の栄養が抜けてしまいます。

 

温泉のアルカリ性の高さは実はパーマ液と同等かそれより強い場合も少なくありません。

【対策】
温泉に入るときは髪をぬれタオルで巻くなどして、湯に漬けないようにします。
パーマやカラー用のシャンプーを使います。

 

パーマやカラー用のシャンプーの中にはアルカリ性を酸性に戻してくれる成分が入ったものもあるので、温泉に行くときには専用シャンプーを持参することをおススメします。

 

温泉でパーマがとれる!?

パーマをかけてすぐ、温泉に入るとせっかくかけたパーマが取れてしまうことがあります。
上述したように、日本の温泉はアルカリ性のものが多いため。

 

なぜ、アルカリ性の温泉に浸かるとパーマが取れるのかというと、パーマにとって一番その効果を維持しやすい環境は「中性」だからです。

 

パーマ液はアルカリ性や酸性の水分に触れるとキューティクルが開きやすくなり、パーマが取れやすくなるのです。

 

パーマをかけた髪はダメージを受けているので、かけてから1週間くらいは自宅の(中性の)水道水を使ってパーマ用のシャンプーをすることをおススメします。

 

対策:オイルやコンディショナーをつけて濡れタオルを髪に巻く。

 

サウナ

 

寒い日は特に気持ちのいいサウナで、温泉やスポーツクラブに常設してあることも増えてきましたが、サウナの高温により、髪が乾燥して痛む原因になります。

 

【対策】
乾燥を防ぐオイルを塗ってから入るなどの対策をおススメします。

 

サウナでもパーマがとれる!?

パーマをかけた髪は急激な温度変化に敏感になっています。
かけてすぐ、サウナのような高温の環境に入るとパーマが伸びたり取れたりしてしまいます。

 

パーマをかけてから1週間~1ヶ月くらいはサウナは控えた方が無難なようです。

 

摩擦による痛み

 

髪同士がこすれてキューティクルが剥がれる原因になります。
襟足が傷んでいる場合は、就寝中に髪がこすれていることが考えられます。

 

【対策】
髪を束ねて寝る、ナイトキャップを被る、オイルをつけるなどの対策をおススメします。

 

静電気

 

静電気によりホコリが付いたり髪が絡まったりして摩擦が起こり、キューティクルが剥がれます。

 

【対策】
静電気防止のコンディショナーやリンスを使う。
静電気除去シートを触って放電した手で髪を握ることで、放電できます。

 

乾燥による痛み

 

冬場の乾燥は特に静電気を起こしやすく、髪が傷む原因になります。

 

【対策】

1週間のうち2~3回はヘアトリートメント、コンディショナー、ヘアパックでケアすることをおススメします。
丁寧なブローでキューティクルが開かないようにすることも乾燥による痛みを防ぐ対策になります。

 

ホームケアが難しい場合は定期的にヘアサロンでトリートメントしてもらうのもいいですね。

 

ホームカラーリング

市販のカラー剤は万人向けに、どなたでも簡単にしっかり染まるようにできています。
薬剤も強いものを使っている場合があるので、毛髪内部に浸透した薬剤で髪が傷む原因になります。

 

繰り返して使っていると、いずれハリ・コシがなくなり、バサバサの状態になりかねません。
そうなった時のヘアケアの時間とお金が掛かって大変なことに。

 

【対策】
カラーはサロンにお任せしましょう。
ヘアサロンに行くまでの間に気になる白髪は白髪用コンシーラーを使って耐えるか、根元のみ交互に染めるなどの方法をとります。

 

市販のカラー剤を使ってすぐにサロンで染めると、化学反応を起こして思ってもみなかった色に変色してしまうこともあるので、カラーリングの際にはスタイリストにどんなカラー剤を使っていたかなどを伝えることも必要になります。

 

私の知り合いのスタイリストさんの経験ですが、ブラウンにカラーリングしようとしたのに、直前まで市販の薬で染めていたためか、何と仕上がりが緑色になってしまった人がいたとか。

 

こんなことは稀(まれ)でしょうが、市販のカラー剤の中には相当強力なものもありますし、個人の髪質も様々なので、使用に関しては十分な注意が必要だと思われます。

 

自分でカット

 

文具用のハサミはカット断面が荒いため、切り口がつぶれるなどして枝毛や切れ毛の原因に。
プロのスタイリスト(美容師)が使う専用ハサミは精密に調整されているので、カットの断面がきれいに切れます。

 

とても精密に研磨・調整されたハサミですから、一度でも床に落とすとそれだけで切れあじが悪くなるほどです。

 

また、上手なスタイリストは髪の手触りが良くなるハサミのテクニックも有しています。
私たち素人が、普通のハサミで切ることは髪を傷める原因になっているのです。

 

【対策】
信頼できるスタイリストさんにカットをお願いしましょう。

 

髪を伸ばす途中であっても、定期的に毛先のカットをしてもらうと、その時の髪のダメージなどを見極めてケアしてもらえます。

 

ヘアスプレー

 

髪を固めてしまうため、無理にブラッシングしたり手ぐしで整えようとすると髪の毛同士の摩擦でキューティクルが剥がれてしまいます。

 

アルコール成分が入っているスプレーは揮発性が高く、保湿ができないので髪が乾燥してしまいます。

 

【対策】
スプレー前にオイルで保湿しておく。
ヘアスプレーしたところは無理にブラッシングしたりしないようにします。

 

放置

 

髪を伸ばす途中はヘアサロンに行きたくないものですよね。
でも、髪の毛穴は一つ一つ伸びるスピードが異なるため、長さがバラバラになることで絡まりやすくなります。

 

絡まった髪は枝毛や切れ気の原因に。

 

さらに枝毛と切れ気は放っておくと徐々に増え、さらに伸びるスピードも遅くなります。

 

【対策】
伸ばしている途中でも2~3ヶ月に1度は毛先のカットに行くことをおススメします。

 

濡れたままで寝てしまう

 

シャンプーして乾かさずにいると髪の毛のキューティクルは、開いた状態になっています。
キューティクルが開いているということは髪の内部の栄養が抜けて行ってしまうことを意味します。

 

【対策】

暑い夏の夜など、ドライヤーをかけるのが億劫でついつい濡れたまま寝てしまうこともあるかと思いますが、後々の髪のダメージを考えると、きちんと髪全体を乾かすことが必要です。

 

タオルドライで地肌の水分を拭き取り、「正しいドライヤーのかけ方」でケアすることをおススメします。

 

間違ったケア

 

実は髪の毛は「死んだ細胞」なのです。
神経もありませんから切っても痛くないわけですが何もしないのが髪にいい状態というわけではありません。

 

死んだ細胞とはいえ、髪の毛は濡れるとキューティクルを開き、水分を逃がして逆に乾いてくると自然とキューティクルを閉じて水分を逃がさないようする働きがあります。

 

また、18メチルエイコサン酸という物質も含んでいて、これが頭皮の油分を毛先まで運んでくれる機能も備わっています。
何もケアしないと毛髪は劣化してパサパサになってしまいます。

 

正しいケアをして、みずみずしい髪を保ちましょう!

 

シャンプー剤・シャンプーの種類

 

髪の質、傷み具合は人によって異なります。
自分に合ったシャンプーは、やはりスタイリスト(美容師)に選んでもらうと間違いが無いでしょう。

 

シャンプーの種類には大きく分けて3つあります。

 

アミノ酸系シャンプー

 

ヘアサロンによく置いてあるのがこれ。
アミノ酸系シャンプーは頭皮や肌に優しい成分なので、洗浄力がマイルドです。
傷んだ髪、パーマやカラーした髪に適しています。シャンプーの最中、ご自身の爪を触ってもらうとわかるのですが、キシキシ感が無いのは弱酸性のお蔭です。

 

頭皮や肌に優しく髪も傷みにくいのが特徴ですが、その分、洗浄力が弱いので皮脂が多くてべたつく方や整髪料をお使いの方は2度洗いする必要があります。

 

【アミノ酸系シャンプーに含まれる主な成分】

 

・グルタミン酸
・グリシン
・ココイル
・サルコシン
・ベタイン
・メチルアラニン
・メチルタウリン

 

高級アルコール系シャンプー

 

ドラッグストア、スーパー、コンビニなどで一番多く取り扱いがあるのが高級アルコール系シャンプーです。
比較的、低価格ですが泡立ちが良く洗浄力も強いので、洗った後に爽快感を感じられます。

 

ただし洗浄力が強いということは、頭皮への刺激が強く洗い上がりの頭皮は乾燥しやすい点から、乾燥肌や皮膚の弱い方には不向きです。
頭皮状態の改善や髪のダメージを修復することを考えても、不向きなシャンプーだと言えます。

 

ちなみに私の夫は最近までフケ・痒みを抑えるCMで有名なメ〇ットを使っていたのですが、皮膚が敏感なのか洗い上がりに頭皮が乾燥しすぎて却ってフケが出るようになり、いまでは私がヘアサロンで購入したアミノ酸系シャンプーを一緒に使っています。

 

【高級アルコール系に含まれる主な成分】

 

・ラウリル硫酸Na
・ラウレス硫酸Na
・ラウレス塩酸アンモニウム
・ラウリル硫酸塩

 

石鹸系シャンプー

 

天然原料で無添加なので、安全志向の人に人気がある石鹸で出来ているシャンプー。
天然原料とはいえ、洗浄力は意外と強く、毛穴の汚れまでしっかり落としてくれます。

 

汚れをしっかり取ってくれるということは、皮脂を取りすぎてしまうこともある、ということです。
洗い上がりの髪が軋みやすかったり、石鹸カスが残りやすい傾向にあります。

 

クエン酸系のコンディショナーを併用することで、このキシキシ感や石鹸カスが残ってしまうのを防ぐことができます。

 

とはいえ、やはり皮膚が弱かったり乾燥肌の方にはあまりお勧めできないシャンプーになります。

 

【石鹸系シャンプーに含まれる主な成分】

 

・石鹸素地(カリ石けん素地)
・石鹸分(純石鹸分)
・脂肪酸ナトリウム
・脂肪酸カリウム

 

髪に対する意識

 

学校の宿題や会社の仕事と違って、髪のお手入れはやらなくても誰にも叱られませんし、文句も言われません。
後回し、さぼり、無頓着などが重なって、気が付けば修復が難しいダメージヘアになってしまいます。

 

【対策】

お肌もボディもそうですが、きれいな髪は「1日にして成らず」
毎回のシャンプー選び、ドライヤーの当て方、髪を取り巻く環境への対応など一つ一つを怠らずに努力することでしか、きれいな髪は手に入りません。

 

大してお手入れもせずにきれいな髪でいられたのは10代の頃までなのです。
年齢を重ねてもきれいな髪質でいるためには、ヘアケア製品にばかり意識を向けずに内側から健康な髪を作ることを心がけましょう。

 

まとめ

髪が傷む一番の原因は何と言ってもキューティクルが剥がれて、髪内部の栄養が流出することによるダメージです。
こうなってしまうとどんなに高級なヘアケア製品を付けても修復が難しく、パサパサ、キシキシ、ゴワゴワで、枝毛や切れ気などの問題を抱えた髪になってしまいます。

 

毎日の生活の中で髪を傷める原因は実に様々です。
それなりに気を付けているつもりでも、ケアの仕方を間違うと中々きれいな髪を取り戻すことができません。

 

どれだけ努力しても改善しないようであれば、プロであるスタイリスト(美容師)にケアをお願いすることも大切です。
2~3ヶ月に1度くらいの割合でヘアサロンで髪を(髪質を)整えてもらうことが、キレイな髪を取り戻す近道といえます。

 

 

 

同ジャンル・関連ページ