50代から健康的にキレイになる、おススメの方法とは!?
50代から健康的にキレイになる、おススメの方法とは!? > 髪の毛のケア > 急に白髪が!?原因は加齢だけじゃない!

急に白髪が!?原因は加齢だけじゃない!

誰でも50歳を超えたら白髪があるのは当然、と思っていませんか?
でも中にはまだ30代や40代と若い世代の方でも白髪になっている場合もありますよね?

白髪=老化 というのは間違い。
早い人では20代前半で白髪が生え始めることもあるんです。

ちなみに私の場合ですが、20代前半に転職でかなり苦労したストレスんためなのか、頭頂部に2~3本の白髪を発見してびっくりしたことがありました!

その時は白髪が嫌だったので抜いてしまったのですが、後から「白髪は抜くと増える」と聞いて落ち込んだことがあります。

でも、「白髪=抜くと増える」 これもウソなんですよ。

ではいったい、気になる白髪の原因は何なんでしょうか?

白髪の原因5つ

 

髪の毛の色はメラニン色素の量によって決まりますが、このメラニン色素が作られなくなると白髪になってしまいます。

では、その原因は何でしょうか?

メラノサイトの機能低下

生まれたての髪に色は付いていません。
メラノサイトという細胞がメラニン色素を作り出し、それが髪の色を決定するのです。

ところがこのメラノサイトの働きが悪くなる(栄養が足りなくなる)とメラニン色素を作り出すことができなくなり、結果として白髪として成長するのです。

メラノサイトの機能が低下する理由は、加齢によるもの、営業不足によるものが考えられます。

ストレス

毎日のストレスを減らしたり、環境を変えることで白髪が減ったという報告があります。

例えば毎日の通勤時間が1時間半もかかっていたのを30分に短縮した(職場を変えた)とか、自己啓発に始めた英会話を一時、中断したなど、環境を変えることでストレスが減ることがあります。

確かに毎朝の通勤ラッシュに1時間半も揺られていたら、仕事を始める前に疲れ切ってしまいますよね。
スキルアップのために習い事をするのは大変良いことではありますが、それが体や神経を疲れさせてストレスになることもあります。

食生活の乱れ

1人暮らしを始めて、食生活が乱れることで、メラノサイトに必要な栄養が足りなくなり、白髪が増えることもあります。

白髪の原因を探る前に髪の3層構造について簡単にお話ししますね。

・キューティクル:
シャンプーのCMで、すっかりおなじみの言葉ですが、髪の表皮細胞のことです。
透明なガラス状のタンパク質でできており、髪の内部を保護してツヤのある髪を保ちます。

・コルテックス:
髪の色を左右するメラニン色素を始めとして、髪質を決める主要な組織で柔らかいたんぱく質で構成されています。

・メデュラ:
髪の芯となる組織です。

毛根の仕組み

同ジャンル・関連ページ