50代から【綺麗】になる方法!
50代から【綺麗】になる方法! > お肌のケア > シミ・シワ予防にルイボスティーを

シミ・シワ予防にルイボスティーを

 

女性の永遠のお肌の悩みといえば、やはり「シミやシワ」ではないでしょうか?
10代、20代の頃は張りがあってつやつやしていて、シミやシワなんて全く気にしなかったのに
いつの間にか肌がくすんで、しわが目立ってきた・・・という方は多いのではないですか?

 

シミやシワがあると、どうしても老け顔に見えてしまい、鏡を見たり写真を撮られるのが億劫になってきたというのもよく聞く話ですよね。

そもそも、なぜシミやシワができるのでしょうか?
その理由は加齢とともに増える「活性酸素」の働きによるものです。

 

活性酸素とはなんだ!?

活性酸素とは我々の体を老化させる原因となる物質で、酸素の中でも特に「物質を酸化させる力」が強い酵素のことです

 

煙草を吸うとそれに含まれる有害物質から体を守ろうとして活性酸素は増えますし、日光に当たりすぎて、強い紫外線を浴びて皮膚が刺激を受けるとやはり活性酸素は増えます。

また、適度な運動は健康にいいとされていますが、過度な運動は却って活性酸素を増やす原因にもなります。

 

活性酸素の働き

活性酸素にはそもそも、体内の有害物質や細菌・ウイルスなどを撃退する作用を持ち、体内の酵素の働きを促進する効果があります。
しかし、増えすぎた活性酸素は正常な細胞までもを攻撃して、参加させてしまうのです。

 

こうして私たちの肌も増えすぎた活性酸素のせいで酸化、つまりシミやシワが増えてしまうということになります。
どれだけ高価な美容液や化粧品を使っても、体の中から起こる変化を簡単に変えることはできません。

 

また、活性酸素が増えすぎることにより体の抵抗力が弱まり、免疫力も低下します。
生活習慣病を始めとするあらゆる病気の原因の90%が活性酸素が原因で引き起こされているといわれています。
(心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化、癌、糖尿病なども活性酸素が原因といわれています)。

ちなみに残りの10%は何かといいますと、風邪やエイズ、結核など菌が体内に入って起こる「感染症」です。

 

人は呼吸をすることで外から酸素を吸収し、細胞はその酸素を使って栄養分を分解し、生きていくためのエネルギーを作り出します。
しかし、この過程で体内に取り込んだ酸素のうちの2~3%が体内で悪い酸素(活性酸素)に変化します。

 

活性酸素は大変攻撃的な物質で、正常な細胞を攻撃します。
攻撃された細胞は活性酸素化して、さらに活性酸素が増えていくことになります。

 

活性酸素を減らすには?

活性酸素を完全に除去することはできませんが、その量を抑えることはできます。
その方法は体内にある「抗酸化物質」を増やすことです。

 

抗酸化物質は文字通り、細胞の酸化を防ぐ働きがあるといわれています。
代表的なものが、ビタミンやミネラル、リコピンが挙げられます。

 

活性酸素を減らす食べ物

【ビタミンC】
 イチゴ、ミカン、赤ピーマン、アセロラ、ケール、ゴーヤ、キウイフルーツ、柿など

 

【ビタミンE】
 かぼちゃ、アボカド、いくら、めんたいこ、いわし、アユ、モロヘイヤなど

 

【ミネラル】
(カルシウム)小魚、海藻、小松菜、大根の葉など

 

(マグネシウム)アーモンド、カシューナッツ、大豆、干しシイタケ、昆布、貝類、納豆など

 

(亜鉛)牡蠣、うなぎ、牛肉など

 

(鉄)あさり、豚レバー、鶏レバー、干しひじき、がんもどき、ホウレンソウなど

 

(銅)にぼし、インゲン、あずき、大豆、ごま、牡蠣、鶏卵など

 

【リコピン】
 トマト、スイカ、あんず、ピンクグレープフルーツなど

 

ルイボスティーの働き

ルイボスティーには、活性酸素による体の酸化を防ぐ抗酸化成分「SOD(スーパーオキシドジムスターゼ)」やナトリウム・カルシウム・マグネシウムなどのミネラルが含まれています。

これらのミネラルは免疫力をアップさせる健康維持効果のみならず、美容効果の例として下記のような効果があります。

・アンチエイジング対策
・シミやそばかすを防ぐ
・コラーゲンを強くする

 

生活習慣を変える

食事のほか、生活習慣を見直すことで活性酸素を減らすこともできます。

 

タバコを控える

タバコには多くの有害物質が含まれます。
それら有害物質から体を守ろうと、活性酸素が増えるのです。
受動喫煙でも同様の現象が起きるので、非喫煙者でも安心できませんね。

 

日光に当たりすぎない

紫外線は肌に強い刺激を与えます。
それに反応して活性酸素が増えるので、日光浴はほどほどにしましょう。
1日15分程度が適切だと言えます。

 

適度に運動する

ウォーキングなど、軽めの運動は細胞の酸化を抑える働きがあります。
しかし、激しい運動は却って活性酸素を増やすので、やり過ぎに気を付けましょう。

 

まとめ

活性酸素の増加は美容の大敵であるばかりでなく、健康にも深刻な影響を及ぼします。
日ごろの生活習慣、食生活に気を配ることで健康な体と美しい肌を目指してみませんか?

 

同ジャンル・関連ページ